Fleet Race

 2019.4 Fleet Race2019.4.15
4月のレースは軽風となりました。
出艇前はもう少し吹きそうな予想もありましたが、結果は3-4m程度の風でラジアル組には期待外れのコンディションでした。

その中で、朝東京から山口宇部空港経由で駆けつけた若さんが安定した順位で優勝しました🥇
東の風でしたが、徐々に西に振れ、第3レースの途中から片のぼりになりました。
シフトをつかんだ艇が良かったでしょうか。
このままのんびりと運営したかったコミッティーでしたが、マークを打ち直して全4レースを消化しました。

後半は雨となりましたが、みなさん寒い中お疲れ様でした。

また、新メンバーの開地さんには早速ドラゴンに乗っていただき、マークの上げ下ろしで活躍してもらいました。
レース後は、お土産の雷おこしと鳩サブレで美味しいコーヒーを頂き、心も体も温まりました。

来週は中国選手権です。参加の方はお気をつけて。応援しています!
マッサン
レース結果

 2019.3 Fleet Race2019.3.18
今年度最初のフリートレースが行われました。
前日の懇親会でのお酒も残っているはずの選手たちでしたが、お天気に恵まれて朝から艤装を始めました。
春の行事と重なり、参加艇数がいつもより少ない7艇でのレースとなりました。

予報通りの中風〜強風の春の小さな嵐のようなブローが北から振れながら入ってきていたので、ラジアルセールに変更する選手もいてスタンダード、ラジアルが半分ずつで出艇となりました。

3月始めのレースは、ウオーミングアップと考えて、無理のないよう短めのコース設定とし、上り5-6分、1レース20分内で4レースを行ないました。
北西の20−30度振れる7-10m/sのブローに挑む中、冷たい強風と海水は選手たちの体力を奪い取っていき、リタイヤ艇も続出しました。

そんな中、還暦初めのレースを無理して頑張った幸一郎選手が優勝!
続いてまだまだ体力に余裕のみられたコータロー君、アーサーが続きました。

はるばる富山から参加の入山さんは、強風の中、スタンダードで秋穂の海を満喫されたようでした。

アフターレースは、カ○○さんからの美味しいお菓子とともにコーヒーブレイク!!
レースの話で盛り上がりました。
竹島明神様の前で、今年の初セイリングを終え体力を使い果たした選手たちは、疲労感は隠せませんがとてもいい顔で、すっきり晴れ晴れと禊をしたようでした。

今年度のランキングはいかに!!みなさん、ランキング上位めざして楽しみましょう!!
えつこ

レース結果

 2018年間ランキング結果2018.12.24
ついに!! 新たなチャンピオンが誕生しましたっっ!!

スマートな走りが光る、まっさん!!
来年度もデフェンディングチャンピオンとして頑張って下さい!!

レース結果

 2018.12 Fleet Race2018.12.24
 12月のフリートレース優勝は若さん。
 昨年のクリスマスレースも優勝でした。
 冬のレースに強い 若さんですね!!


レース結果

 2018.11 Fleet Race2018.11.12
11月度フリートレース
快適な気候が続いています。
11日も晴れ 今日は吹かないだろうと思っていましたが 11時頃から南東の軽風が吹き始め、4レースが出来ました。

潮流を調査しました。
ケープハウス沖 満潮11時05分 中潮
フィニッシュライン付近 
  11時30分 北東流
  12時30分 北東流
  13時00分 潮止
  13時30分 南西流
本部船は、半島の先あたりでしたので反流と思われます。

レースは、熱戦が展開されました。
マッサンの優勝コメント
《わづかのふれをつかんだことが良かったのでしょうか》

私は、わづかのブローも確実につかんだろうと思いました。

スナメリにも会えたし
来月は、今年最後のフリートレース
体つくりをし いいレースをやり いいお酒を飲みたいナー

 by モトヒロ
レース結果

 2018.92018.9.18
9月フリートレース。
LINEで相棒はお休みという情報あり。
前向きに考えることにし、まさかのはじめての一人運営?

ドキドキしながら久しぶりのCAPEHOUSEに到着。
本広さんが運営を手伝って下さるそうです。ほっと一安心です。
(本広さんありがとうございました。)

参加艇は6艇、ときどき小雨の中9月9日(日)のフリートレースが開催されました。

風がない…、潮の影響で運営船はほぼ下マーク側に流されています。
1レース目を何とかスタート(330度)。
TOPの内藤さんが最終下マークからなかなかFINISHできません。

そして、風が無くなり
あれれ…6艇中6位であったシンさんが最後下マークからコータローを捲って2位でFINISHです。

さらに風は無くなり…残りの3艇は川のような潮に流されFINISHできず…すいません。
しかしこの風のない中で内藤さん TOP FINISHはさすがです。

そして風がない…海面は鏡のようです、遠くに煙突が見え、まっすぐに煙が上がっています。
風待ちです。

その後そよそよと南が入ったと見せかけ、さらに振れて240度で第2レースをなんとかスタート。

レースの結果、1位はシンさんでした。おめでとうございます。


今回は風がなく、2レースしか消化できず、選手の皆さんはストレスが溜まったことと思います(すいません)。
10月の中国選手権(下関)で、このストレスを発散させていただければと思います。
良い結果報告を楽しみにしています。
簡単ではありますが9月フリートレースのレポートを終わります。
有り難うございました<(_ _)>

ちゃーりー
レース結果

 2018.8 Fleet Race2018.8.31
お盆も過ぎて、皆忙しいと思われる中、7人の猛者達が集合する。コミツテイは、内藤さんと塩気が抜けつつあるイツシイ。

スタンダードかラジアルかチョット迷うくらいの良い風の中(優勝したつつみさんは、ためらわずラジアル)、行く夏を惜しむかのように4レースを実施する。なお、第4レースは、上下のみのソーセージコース。

フイニッシユラインが作れないくらいの強い潮に、皆スタートに一苦労。2レース目は、皆押し出されてゼネリコとなる。
こうした中、つつみさんとマッサンが、素晴らしいデッドヒートを演じる。
同点スコアを制したのは、つつみさん。また、うち2レースを2位フイニツシユしたコータローの走りも光った。
時々、沈艇も見られる良い風の中、実力も拮抗していることから、下マークから見通しのフイニツシユに向かっての競り合いは、これぞヨットの醍醐味と思わせる印象的なものでした。

こうして、無事4レースを終了。夏の終わりの青い海と白いヨットは印象的、右肩を少し痛めて得意のアンカー上げもままならず、内藤さんに感謝です。

(イツシイ)
レース結果

 2018.7FleetRace2018.7.16
前日のヨット体験会、サマーパーティで盛り上がり過ぎ。

加えて本日も35°超えの猛暑予報の中、みんな黙々と準備を始める。

風は2-3M/S、大潮で潮流が速い中、ジリジリと照りつける太陽の下、我慢大会のレースとなった。

コータローがター、ツツミ、マッサンとの接戦を制して久々の優勝。

帰着後、冷えたスイカが最高に旨かったです。モトヒロさんありがとう。
 K.N.

レース結果

 2018.6 FleetRace2018.6.10
レース結果

6月度フリートレース

レース編
 1日雨との前日予想が朝になったら二つの前線が北と南にきれいに分かれて挟まれた、時より晴れ間も出て平均風速4m/sの安定したコンディションで全9艇のエントリーでのフリートレースでした。
 カットレース有りの第4レースが終わるまで優勝者がわからない接戦を制したのはここ最近(いや当初からか)優勝争いに絡むマッサンでした。初優勝ですね。
 各レーストップ艇フィニシュからほぼみんな1分以内にフィニッシュするタイトなレース展開でした。第4レースの2上こそ若様かマッサンかNighto-さんか、つつみさんかの優勝の分かれ目でしたね。それにしてもほぼみんな全レースの1レースは上位にくい込み、毎回マーク回航で上位選手が入れ替わる大接戦でした。


コミッティ編
 今回はなかのっち所用で、シンちゃんコミッティヘルプ名乗り出てもらって、燃料の心配もしてもらってシンちゃんありがとう。たーが免許もちということもわかって、かつ風も予測でMAX5m位でしょうと、1人コミッティーに挑みました。多分初めてかな。万が一のことも考えて多めのアンカーセットを用意して出発。(もちろん、コミッティーが困ったときにベテラン陣に舟艇放棄してアンカリングしてヘルプしてもらうため。あれ?)
 結論から。風も3m〜4m、風軸の振れも20度以内でマーク変更なしでみなさんに勘弁していただいて、とっても運営としては楽なコンディションだったと思います。マーク打ちは本筋とは違うと思いますが一人で回した手順を振り返っておいて一つ引き出しのアイテムになればと書いておきます。 長文ごめんなさい。

(1)マーク打ち。今日は南東から吹く予報なのでテトラポットが気にならない距離を見計らって、風軸は150度、その場所で丁度上が竹島方向どんぴしゃり。島の影響で上の風がトリッキーになるかなと思いながら、ふと前回の全日本の時の土居選手の言葉でトリッキーが楽しかったというのを思い出して、いいっか。即決。第3マークを決め、今日は用意したGPSアプリ(ランデブーというアプリでセットした位置から距離と方向だけ示す単純なもの)で第3マークの位置をセット。

(2)上マーク。風軸150度に向けてマークを打ちに行くのに、早速GPSアプリが下マークからの距離をメートル単位で表示するのを見ながらドラゴンを走らせる。レース前にしんちゃんと、今日はこの風なら上り800m位かねーの会話を思い出しながら、距離をスマホで見ながら進行方向150を保って進めて上位置着。これってスマホが一つ仕事をしてくれて結構楽ちん!クラブのGPSでももちろん可能です。

(3)サイドマークの位置は何十年も前にごくうが作ってくれたコン(コンパス)ピュータで一発計算。30度に向けてまっすぐ走り、ハンディコンパスで270度に3マークが見えるところを目指してで走らせる。GPSアプリも下マークとの距離800m近くを示した所で確信をもってマーク打ち。正三角形の各辺の長さは同じなのね。ドラゴンを真っ直ぐ進めるのに、レース用コンパスを目先に置いて走らせて、ハンディで下マークを見ると楽ちんでした。

(4)スタートコントロール。全レースともDNFタイムリミット越えなく、すぐ次のレースコントロール開始できて気持ち引き締まりました。第3レースでかなり右にふれて4レースは打ち変えかなっとプランを考えていたら、フィニッシュ頃に元の150度に戻り、今日は本当に運営楽ちんコンディションでした。2レース、3レース、振れでスタートラインをドラゴンのアンカーロープで調整したので、ライン確認は毎回要チェックでしたね。

(5)一人コミッティの注意ポイントとして、なんといっても忙しいのであわてて落水しないように気をつけました。おっちょこちょいなので。落ちたら全てが終わります。フラッグコントロールが時刻同期に目視で重要なので、ハンディホーンがとても機動的で役にたちました。自転車の空気入れで20回ポンプすると100psになり長音4回鳴らせます。予告信号から2回鳴らした後充填すればゼネリコ迄対応できます。
 今回はとってもコミッティーに優しいコンディションでした。今後、コース短縮やマーク変更など簡単にこなせる地頭を持てるように精進したいと思います。

たぁ

 2018.5 Fleet Race2018.5.18
5月度フリートレース
朝から天気予報は雨!!風も安定しないし、弱いし、、、、。
セイリング日和とは言い難いものの、6艇のエントリーで4レースを楽しみました。

今回は運営が一人だったので、ソーセージコースとし、運営の独断と偏見でコースがつくられました。
1.2レースは風があっちにいったりこっちにいったりで、
行きも上り、帰りも上り・・・状態の不安定な中、えいやっっでスタートさせた運営の独断です。ごめんなさい。

マークを数回打ち変えたあと、、、、、
3,4レースは、予報とはちがっているけど、2−3m/sの南風に安定。
今しかないっっ!!
ってことで、急いで3,4レースを強行しました。

終始安定しない微風の中、気温は高いけど、雨に打たれて体温を奪われ、セールに風を合わせる集中力を持続するのが難しいと感じたレースでした。

結果、アーサーの久々の優勝!!となりました。(同点2位でまっさん)
アーサーとまっさんの最終レースまでシビアな戦いのお陰で、最後まで緊張感のあるレースとなりました。

今月末には、九州選手権兼のみはけカップが開催され、我がフリートからも数艇のエントリーがある模様です。
頑張って全日本選手権出場権をクオリファイしてください。

by etsuko

レース結果
Page1 Page2 Page3 Page4 Page5 Page6 Page7 Page8 Page9 Page10
[編集]
CGI-design